アトリエ修復・維持について

2013年3月、風でアトリエの壁が崩れました。
中野たてもの応援団団長、Dさん、Tさんがお手伝いいただき修理していただきました。
詳細はブログ

屋根部分
壁をはめ込む
壊れた壁を取り出す
角材、波板
壁部分
角材、波板
2011年3月11日の東日本大震災により、東京も震度5弱の激震に襲われました。
アトリエは、ヒビが入ってしまい、暖炉のある部屋の雨戸収納庫が崩れそうになり、
私の夫と息子で取り壊しました。他にも、昔の玄関など修理個所は多数あります。
いったいいくらかかるか、頭の痛い問題です。

壊れそうで危険なため壊しました
昨年のバラの季節の雨戸収納庫
アトリエ内の壁も何箇所か落ちました
木造モルタルでしたが、重かった
螺旋階段の踊り場下部
ブロック塀も危険
大黒柱が危険
古い玄関
床部分タイル
雨漏りはしてませんが、ボロボロ
2011年6月7日シロアリ調査を行いました。日本白蟻対策研究所の方が床下に潜って調査、
一緒に伝統技法の伊郷さんも一緒に調査。現在、シロアリは見つからなかったが、
中心となる柱が中身がスカスカ状態で、応急処置が必要との事、見積りをお願いしました。

わりと新しい蟻道を発見
床下にもぐります。独特のにおいがしました。
白蟻にやられた跡
コンクリートの上にレンガを固定してない。手前は塚石