一欅庵(いっきょあん)登録有形文化財 杉並区西荻

門の傍らにある大きな欅の樹と、家を建てた祖父の名から一字とって「一欅庵」と名付けました。
「一欅庵」は二階建ての洋館付の和風住宅で、昭和8年に宮大工によって建てられたと伝承されています。
広縁、中廊下を通じて柔らかい光が差し込み、季節の鳥のさえずりが流れ込みます。簡素ながらモダンでレトロなデザインの建具に囲まれた昭和の空間で、ゆったりとした時の流れを味わってください。 庵主 辻 寛

 


1階の洋室の応接間には、青い色のダイヤガラスが埋め込まれています。
外からは和風建築だが、中は洋室になっています。

 

 

 

また1階の突き当りには、茶室があります。窓は障子だけで、雨戸になっています。猫間障子です。

当サイトは三岸アトリエです。一挙庵ではございません。お間違えのないようにお願いします。
一欅庵へ問合せメール

公式ブログ

★ 毎月日曜日の午後の歳時遊びの会 こちら